あいさつ

あ い さ つ

                               IMG_1900 (2)    

                         社会福祉法人いずみ 理事長 川畑庄二

新型コロナウイルスの感染拡大の中においても、利用者やそのご家族の皆様が安心して通所できる施設であり続けることを目指して、法人内の全事業所で感染防止の対策を徹底しております。感染が収束するまでには、まだしばらくかかりそうですが、今後も、全職員が心を一つにして、感染対策にしっかりと取り組んでまいります。

 コロナ禍にあっても、利用者の皆さんが楽しみ、よい思い出となることを願い、職員がアイディアを出し合いながら、様々に工夫した活動や行事に取り組んでいます。今後も利用者の皆さんが喜んでいただけるように、そして多くの笑顔が見られるように、さらに努力を続けていきます。                

 法人いずみは、平成17年の設立以来、「常に利用者と目線を合わせ、ご家族の思いや意向も汲み合わせて、より適切な支援や福祉サービスを永続的に提供すること」を大きな目的としてきました。このことを基にした三つの誓いで、法人理念を策定しています。

 

社会福祉法人いずみ 理念

一つ 利用者支援 力の限りの約束

二つ 法人役職員 一致団結支援の約束

三つ 更なる高みに向けた挑戦の約束

 

 全職員がこの三つの誓いを常に意識し、より充実した利用者支援、福祉サービスの提供に邁進していく覚悟です。そのことが、利用者やそのご家族、そして関係者の皆様からの信頼を得て、法人いずみがさらに充実・発展することにつながると思います。

現在では、法人全体で、8つの事業を展開し、一人一人の生涯にわたる継続的、持続的な福祉サービスが提供できるようになりつつあります。

 

あゆみの家成人部        児童発達支援ひまわり

放課後等デイサービススマイル  ライフサポートつばさ

あゆみの家幼児部        相談支援事業トビラ

ホームヘルプひだまり      日中一時 等

 その中で、グループホームの開設は、これまでの大きな懸案事項でしたが、東村山市内に土地を借りることができ、令和5年の秋の開設を目指すこととなりました。グループホームは、利用者が地域において共同して自立した日常生活又は社会生活を営むことができるように支援することを目的としています。当法人の利用者をはじめ、入所を希望される方々が安心して生活ができるようなグループホームを設立するために、現在はその準備中です。

 私たちの施設は、地域の中で認知され、共に生きていく拠点となることが求められています。新型コロナウイルスの感染拡大で、地域とのつながりがややもすると低調になりがちですが、コロナ禍でもできることを模索し、地域の中の施設であり続けられるように努力してまいります。

令和4年4月1日

 

MENU